草花BBS 125515


長崎のケナシカシダザサ

1:神戸の望月 :

2020/09/14 (Mon) 21:44:13

http://bbs8.fc2.com//bbs/img/_768300/768207/full/768207_1600087453.jpg pandaさん、こんばんは。

以前コウベコスズ(ケナシカシダザサのシノニム)の話題で、長崎にも、ケナシカシダザサがあるようですと書きました。
『日本のタケ亜科植物』の分布図を、日本地図と照らし合わせると、東彼杵郡にあるようです。
どうも千綿川の辺りみたいです。

この機会にケナシカシダザサの簡単な特徴を記しておきます。
詳しくは、「兵庫のタケ亜科植物」の2020年8月11日の記事をご参照下さい。

ケナシカシダザサは、小型のスズザサ属のササで,
稈高は、30㎝~50㎝くらいです。
画像の1年生の稈は、高さが30㎝ほどです。
稈鞘が節間に迫るほど長いのが、スズザサ属の典型的な特徴です。

2:神戸の望月 :

2020/09/14 (Mon) 21:53:02

http://bbs8.fc2.com//bbs/img/_768300/768207/full/768207_1600087982.jpg この画像のように各節よりよく分枝します。
稈や枝の先に2~3枚の葉をつけるのも重要な特徴です。
稀に4枚のこともありますが、大半は2~3枚です。
葉の表面には光沢があり、葉の質は紙質よりは厚く、革質よりは薄いです。
葉の長さは20㎝くらい、幅は3㎝前後です。

3:神戸の望月 :

2020/09/14 (Mon) 22:07:11

http://bbs8.fc2.com//bbs/img/_768300/768207/full/768207_1600088831.jpg まず、1年生の稈を見て、稈鞘の長さを確認し、節上部の膨らみが、この画像のように目立たないことを確かめます。
そして枝先に2~3枚の表面に光沢のある葉がつき、各節より分枝していれば、ほぼ間違いなく、スズザサ属のササです。
決して難しい作業ではありません。
後は、葉裏、葉鞘が無毛で、稈鞘に開出毛が生えていれば、ケナシカシダザサになります。
ただ、この時期だと各器官の毛は脱落していることが普通です。
冬でも小型のスズザサ属のササであることは確認できます。

九州のスズザサ属は、まだまだ分布の実態が明らかになっていないと、小林幹夫先生に以前教えて頂いたことがあります。
1種でも明らかにすることには、意義があると思います。
もちろん、調査をお願いしているのではありません。
4:panda :

2020/09/17 (Thu) 05:28:13

望月さん、こんにちは
ササの見分け方ありがとうございます。どこを見たらよいのかさえ分からなかったので助かります。ササもイネ科と同じですね。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.